海外にパチスロを広めるための記録#5

The KAIDO‐回胴‐ 海外にパチスロを広めるための記録。とりあえず日本から11,000㎞離れたアメリカノースカロライナ州ウィルミントンへ視察に行ってみよう編#5

【2018年5月11日】

再度ダウンタウンの物件を見に行きました。

センチュリー21の方の車で周りましたが、私達の限られた予算で借りられるテナントはほぼナシ。 先日見た綺麗な物件も契約されてしまいました。この地の物件は競争らしいです。 よってダウンタウンは選択肢から外します。

ホテルの近くの不動産屋に行き、数十件ピックアップしてもらいました。明日もう一度行って見てきます。

先生の自宅でバーベキューをしました。 旦那様は年相応、緊張しているのか性格なのか解りませんが、思ったより笑顔がない印象。ただ、受け入れていないという感じではなかったので、性格かもしれません。 肉がメチャ美味かった。

色々考えましたが、当初の予定のガレージ企画に落ち着くようです。 といっても、ガレージでジパング島を作っただけではネタ不足で直ぐに飽きられる動画になってしまうので一軒家が良いと思いました。

先生の家にお邪魔して思ったのですが、ジパングを見に来る人を見込むのではなく、家に訪れた人にジパングを見てもらう形が良いかもしれない。

ジパングはおまけであって、外人とコミュニケーションを取りながら、ジャパニーズカルチャーを紹介する。その中の一つとしてジパング(パチスロ)がある。この方が自然ですし、良い画も撮れるような気がします。

  

汚く、臭い家ではなく、加納先生の家のような中流以上の家を構え、ジャパニーズカルチャーセンター的な存在に。誰でもwelcom。この流れが理想かもしれません。 恐らく家賃は20万~30万。少しネットで調べましたが20万を超えると立派な庭付き一軒家が借りれそうです。

地域のおっちゃんに手伝ってもらいながら、毎日コツコツガレージでジパング島を作る。 仕事が終わったら庭でバーベキュー。酒を交わしながらジャパニーズカルチャーを語る。 時には地域の行事に参加したり(誰でも参加出来るフリーマーケットがあるそうです)地域の方との交流を深めながら「JIPANG」というキーワードを広めていく感じです。

海外にパチスロを広めるための記録#6はこちらをクリック。

下記YouTube黄金太郎チャンネルでも動画は公開中です。

この記事の著者

黄金太郎黄金の国観察人

東京JR中野駅南口徒歩30秒に位置するスロットジパングの観察人を務める黄金太郎です(◎▽◎)/

毎週金曜日19時よりジパング海外プロジェクト動画『The KAIDO-回胴‐外国人にパチスロを広めてみた!』を絶賛配信中です。

YouTubeの黄金太郎チャンネルに登録してもらえると嬉しいです。→https://www.youtube.com/user/slotjipang

毎日深夜0時以降に黄金太郎のつぶやきZ(ブログ)を更新してます。→http://aristo.co.jp/category/new/tubuyaki/

ジパングオリジナルホームページURLはこちらです→http://aristo.co.jp/

この著者の最新の記事

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る