チェインクロニクルの要点まとめ

チェンクロは義勇軍クエスト(CZ)中・AT中共に設定差は存在せず、己の引き次第で勝負の行方が左右される展開が沢山訪れます。

設定差が集約されているのは、CZの出現率のみ。(CZ成功率は単純に50%、CZ出現率を二倍にした数値がAT初当り確率となります。)

「チェンクロ基本仕様」

CZ出現率に絡む要素として、「義勇軍ボーナス出現率」及び「リプレイ・地図・弱チェからのAPランク書き換え抽選」などに設定差は存在しています。

「義勇軍ボーナス出現率」

「リプレイからのAPランク書き換え抽選」

「地図からのAPランク書き換え抽選」

「弱チェリーからのAPランク書き換え抽選」

設定看破は難しい部類に入る機種ですが、CZ出現率と合わせて「弱チェ・地図からのAPランク昇格率」「弱チェ・地図からの20AP以上の加算率」がある程度の判別要素としては使えます。倍速時であれば高設定域においては50AP加算も充分見込めます。

「弱チェからのAP振り分け(通常状態と倍速状態時)」

「地図からのAP振り分け(通常状態と倍速状態時)」

その他、AT終了後の液晶画面での示唆やサミーお馴染みのトロフィー演出も備わっています。

チェンクロを打つ上で知っておいて欲しいことは・・・

■ペナルティボーナス(ちぇんくろ学園)搭載マシンであること。

「ペナボ入賞役構成」

 

これについてはペナボを搭載したことで、機種の数値設計のバランスを図ることが出来たので、打ち手はその意図を受け止めて頂きたいです。

ペナボによる低ベース化の実現は、AT初当り確率やAT期待値枚数におけるAT性能の向上へと割り振ることが出来ました。

現行の六号機と比べても、機種のポテンシャルは高く、AT初当り1/354に対しての獲得期待枚数は430枚にもなります。

「他の六号機との性能比較表(設定1の数値)」

他の機種に比べて一塊の出玉を確保しやすく、AT中の純増枚数も1G/4.0枚の為、程よいスピード感を持ち、AT中のEXパートも約1/5で発生するハズレが1~3Gの上乗せ契機となるのでハズレが煩わしくならない設計となっています。ATを継続させる要となる絆ガチャチャンスにおいてもハズレが大役を果たします。

またチェンクロは単発率が低く、3set目までは辿り着きやすい仕様となっており、鬼門となる3set目を突破すればその後の期待値も上がって行きます。

AT1セットはCZ中の削り分も含めて約120枚くらいの獲得枚数期待値があり、3戦目まで辿り着けば約360枚の獲得が見込め、これは五号機ノーマルタイプBIG一回分の獲得枚数に相当してきます。

「ストーリー別BOSS撃破期待度」

一回のATである程度の出玉を確保できる期待値の高いこと、これはペナボ搭載の恩恵そのものであります。

ペナボを避けて遊技することを煙たがらず、機種の中身を知った上でチェンクロと向き合って頂きたいのが僕等の願いです。

また、ペナボ入賞を避けるためにペナボ入賞図柄テンパイ時はショートフリーズが掛かる仕様となっています。ピリカの「あわわわ」ボイス付きで。

なのでリズムよくタンタンタンと打っていてもペナボ入賞は自然と回避でき、ショートフリーズが掛かったら残りリールは青BAR(チェンクロチャプターズ絵柄)を枠内に狙う感じでペナボ入賞は容易に回避することが出来ます。

万が一ペナボに入賞してしまっても、約60G間のペナボ消化することとなりますが、出玉は減ることなく現状維持程度(ペナボ中の出玉率は102.2%)に収まる仕様です。また、ペナボ消化中はCZ・AT共に抽選は行っておりませんが、ペナルティは一切なくペナボ入賞前の状態に戻るだけです。(有利区間はペナボ消化に掛かったG数分減算されます。)

ペナボテンパイでショートフリーズが掛かる仕様ですが、心配な方は左リールに毎ゲーム青BAR(チェンクロチャプターズ絵柄)狙いで紹介することを推奨致します。

通常時はどの機種にも共通する部分でありますが、基本修行となる為、ペナボを搭載していてもペナボ入賞に怯えることなく携帯を見ながらでも消化できてしまうのがその他大勢の機種同様チェインクロニクルにも当てはまるところです。

と、ここまでが前置きです。

基本設定など気にせずどこからでも手の出し易い機種であること(しかし設定は大切です)、そして設定差とは関係のない部分にチェンクロを熱く楽しむポイントやレバーの叩きどころがゴロゴロ転がっていることをここから記載して行きます。

チェンクロのゲーム性は義勇軍クエスト(CZ)とチェインクロニクルチャプターズ(AT)をループさせながら出玉を築いて行くタイプの機種です。

■義勇軍クエスト(CZ)

義勇軍ボーナスを経由せずにATへと繋げるには義勇軍クエストを突破するしかルートはありません。

義勇軍クエストを突破しATに突入させる。これがチェンクロのメインルートであり初当りATへと繋がる約9割が義勇軍クエスト経由となります。

義勇軍クエストは二部構成。

「通常WAVE」と「BOSSWAVE」の二種類のパートに分かれています。

通常時からの義勇軍クエストであればまず敵を選択する場面からスタートします。

★×2 BOSS撃破率「47.88%」 ★×3 BOSS撃破率「57.61%」 

★×4 BOSS撃破率「80.82%」 ★×5 BOSS撃破率「100%」

設定により多少の敵選択率に差はありますが、微差なので気にしなくても良いレベルです。

敵の選択場面で右下に女性が解説していたらチャンスアップとなります。(通常は男性が解説)

ボス選択後はフレンドルーレットでフレンドレアリティを決定後、CZ前半パートである「通常WAVE」に入って行きます。

通常WAVEでやることは「強敵を発見」させて「強敵を撃破」して「宝箱」と「マナ」を獲得することです。

強敵を倒せば獲得できる「宝箱」は絆ガチャを引くための精霊石が手に入り、「マナ」を持ったキャラは必ず1CHAIN(ボスに攻撃がHIT)してくれます。

初回のCZのみ強敵発見が一度補償されていますが、基本は通常WAVE中の成立役による毎G抽選及びパーティーの強敵発見Lvを参照して行われます。

「成立役別強敵発見確率」

強敵当選後の前兆中も強敵発見抽選は行われており、再度当選したらクラーケンドールに昇格、クラーケンドール当選時の再当選はAT直行へと昇格。

強敵出現後は2G間のバトルに突入し毎Gの成立役にて撃破抽選を行う。

「成立役別強敵撃破確率」

ここでもパーティー内の強敵撃破Lvに応じての抽選も行われています。

通常WAVE終了後はBOSSWAVEに移行。

ボスに対する攻撃は、パーティーの各キャラがそれぞれ一回ずつ行うので計5回、5G間のバトルに突入します。

ボスへの攻撃HIT抽選は「成立役・マナ&結束・ストーリー&レアリティ」で決められており、5HITすれば勝利確定。

4HIT以下はCHAIN数に応じてFA(ファイナルアタック)抽選へと回されます。

FAとはボスとユーリ君の最終バトルみたいなもんで、FAには内部的に二種類のFAが存在し、勝利が確定する「確定FA」と自力で勝利する「自力FA」があります。

まずは各キャラクターの攻撃HIT率について。

通常時からのCZは選択された敵に応じてHIT率が異なります。

「通常時からのCZ時のボスへの攻撃HIT確率」(レア役やマナ獲得なども含めたトータルの数値)

ATから突入したCZに関しては以下の表を参照して攻撃HIT抽選が行われます。

「ストーリー別攻撃HIT確率」(結束ナシ)

「ストーリー別攻撃HIT確率」(結束発動)

ボスへの攻撃HIT回数に応じて下記の表よりFAナシor自力FAor確定FAに振り分けられる。

「ボスへの攻撃HIT回数別FA抽選確率」

攻撃HIT回数3回以上であれば自力FA以上の期待が持て、4回であれば約6割が確定FAに振り分けられる。

5HITであればFAを経由せずに勝利し、「魔人襲来」の抽選が行われる。

「FA濃厚演出」

ピリカのチラ見えと効果線が赤はFAへ。

自力FAへと振り分けられた場合は、CZ終了画面(本を閉じるシーン)を含めた2G間それぞれの成立役で勝利抽選が行われる。

「自力FA中の成立役別撃破確率」
リプレイ/ベル…25.00% ハズレ…32.91% レア役…100%

「FINAL ATTACK中の演出別・勝利期待度」

見分けはつかないが確定FAなら必ず1G目に勝利し、2G目に行った時点で自力FAとなる。レア役であれば勝利確定。強レア役は魔人襲来抽選を行う。

ここでボスを倒せば晴れてチェンクロチャプターズ(AT)へと突入。

■魔神襲来

CZ成功時の一部で突入する特化ゾーン。性能はAT中と同じ純増4枚。

「魔神襲来当選契機」

BOSS WAVE中のCHAIN数とレア小役成立時に移行抽選が行われる。レア小役はCHAIN数を問わないほか、FINAL ATTACK中も同様の抽選が行われる。

●魔神襲来当選率
[レア役]
地図/弱チェリー…0.78%
強チェリー/チャンス目…12.50%

[HIT数]
0~4HIT…0.02%
5HIT…0.39%
EXTRA CHAIN(青)…25.00%
EXTRA CHAIN(青以外)…100%

EXTRA CHAINは追撃orボスを1Gで撃破すれば発生。マナを5個所有していれば、EXTRA CHAINの青以外扱いなので、魔神襲来濃厚となる。

魔神襲来はループ性があり、一度倒した後も逃げられるまで継続する。
BOSS撃破時は次回フレンド決定抽選が行われ、レア役以外で12.5%、レア小役であればSSR「オルオレータ」が参戦する。

またオルオレータは「確定オルオレータ」と「通常オルオレータ」の二種類が存在し確定が選ばれれば魔神撃破が確定。見た目上では確定か通常かの判断できない。

●成立役別・オルオレータ振り分け

「魔神バトル中の抽選」

毎ゲーム成立役に応じてダメージの抽選をおこなう。フレンドがオルオレータならダメージ量が優遇されるため、魔神に勝利する期待度がアップする。

[魔神の体力]

魔神は登場時に表示されるレベルが高いほど、体力が多いので勝利しづらくなる。ゲージ1本につき300となり、レベルがアップするごとに1本ずつ増える。

・レベルごとの体力※()内はトータル勝利期待度
レベル1…ゲージ1本(100%)
レベル50…ゲージ2本(97.94%)
レベル80…ゲージ3本(85.52%)
レベル100…ゲージ4本(59.36%)
レベル200…ゲージ5本(36.05%)

●小役別・ダメージ量振り分け
[オルオレータ以外]

[オルオレータ]

●魔神のレベル&フレンド別の平均勝利期待度

レベル200の魔神を倒した場合は、次回EXTRA WAVE(AT後半パート)で必ずエピソードまで昇格する。

■チェインクロニクルチャプターズ(AT)

純増4.0枚のATは前半(ストーリーパート)と後半(EXTRA WAVE)の2部構成となっておりAT終了後は必ずCZに移行する。

前半ATはストーリーパートとなっており初回のみ14G、以降は8Gに固定される。

ストーリーパート中は成立役で後半のEXパート中に影響を及ぼすコイン獲得の抽選を行っている。

「ストーリーパート中の成立役別コイン獲得抽選」

 

コイン獲得時のエフェクトの大きさで獲得量を示唆。エフェクト大であれば1000コイン獲得濃厚。

ストーリーパートで獲得したコインは一旦ストックされ後半のEXパートの最終Gで必要な分だけ放出。

例えばEXパートでコイン800枚獲得した状態で最終Gを迎えた時、ストーリーパートで200枚以上コインを獲得していれば1000枚に到達する200枚分だけ最終Gで放出。ストーリーパートで獲得したコインが200枚未満であれば放出はされない。

後半パートのEXTRA WAVEについて。

継続ゲーム数は15G〜50G+α、毎ゲーム成立役に応じて抽選されるコインが1000枚集まるたびにランクがアップ。

コインを3000枚貯めればエピソードボーナスに突入し、消化中のレア役は精霊石やSR/SSRチケットの獲得抽選を行っている。

EXパートのランクは全部で4段階。

「ランク別の上乗せゲーム数」
ブロンズ(初期ゲーム数)…15G
シルバー…+5G
ゴールド…+10G
エピソードボーナス…+20G

ランクが上がるたびにゲーム数が加算され、上位ランクほど報酬を多く獲得できるチャンスとなる。

EXパートでのペナボ成立=ハズレはゲーム数回復の役目を担い、パーティーの僧侶のレアリティと絆アビリティの回復レベルを合計した数値を参照して、回復量レベルを決定。レベルは筐体左にあるタッチパネル液晶にて確認可能。

「EX中のハズレ成立時のレベル別回復ゲーム数抽選」

●後半・EXTRA WAVE(EX)中のコイン抽選

EX中も前半のストーリーパートと同様に小役でコインの抽選をおこない、1000枚貯めるごとに、次のランクへ昇格する。

「EX中のコイン振り分け」

攻撃力UPと表示されたキャラが攻撃すれば200コイン以上獲得。

●エピソードボーナス(EP)中の抽選
EP中は毎ゲーム成立役に応じて、ガチャアイテムの獲得抽選をおこなう。

「小役別・ガチャアイテム獲得率」

後半のEXパート終了後はルーレットチャンスに突入し精霊石の獲得個数の抽選へ。AT終了時のランクが高いほど多く獲得できる(MAX7個)。

「ランクごとの精霊石数振り分け」

ルーレットチャンス後は絆ガチャCHANCEへと突入。

■絆ガチャCHANCE

ここでは所持している精霊石の個数分ガチャを回してキャラを獲得していく。

ガチャ時の抽選内容はレアリティ(R・SR・SSR)→職業→絆アビリティの順で抽選。

「契機別・レアリティ振り分け」
「精霊石」

「SRチケット」

●SSRカード獲得時の特典
1度の絆ガチャCHANCEでSSRを2枚獲得すればCZ成功が確定。(フィーナの声援獲得)

SSRを1枚でも引けば次のCZはボスバトルの攻撃HIT回数を問わずFA演出までの発展は確定する。

フィーナの声援を獲得すれはCZ成功確定となるが、ボスバトルで5CHAIN時(MAXCHAIN)を決めた時は発動せず、次回以降のCZに持ち越される。

フィーナの声援が発動する条件は4CHAIN以下の時となる。

●おまけガチャの条件
・条件1(SRチケットを獲得)
パーティー編成にSRが1人以上かつ、NかRが1人以上いる状態でSSRに当選

・条件2(精霊石を獲得)
・パーティ編成にNが1人以上いる状態で、精霊石が0個になる

「発生した時点でSR以上濃厚の演出」

●SR以上濃厚演出発生時のレアリティ振り分け
「レバーON時」

赤水晶は基本的にレア役だが、否定すればSSR濃厚。

CONNECTINGの表示時は処理落ち(液晶のカクツキ)発生時はSSR濃厚となる。

「第1停止時」

・ピリカ(左)とユグド(右)

第2停止時」

「第2〜3停止後」

■強力なアビリティを持ったキャラ一覧

「マナ(CZ開始時にマナを獲得)」+99レベル(超優秀キャラ)

「吸魂(CZ中のマナ獲得率アップ)」+33レベル(超優秀キャラ)

「宝箱(ボス勝利の宝箱追加獲得率アップ)」+99レベル(超優秀キャラ)

「結束(同一職業が3人集まる可能性アップ)」+40レベル(超優秀キャラ)

絆ガチャCHANCEが終わるとその後は再度CZ義勇軍クエストへと突入し、CZ成功でまたATへ。チェンクロはこのループで出玉を築いて行く機種です。

絆ガチャ・EX中と煩わしく感じるペナボ=ハズレを上手に利用し、ハズレを引くことに意味を持たせていること。

CZ中のボスバトル中やFA中に絆ガチャCHANCE中と、レバーの叩きどころが数多くあること。

チェンクロは知れば知るほど良く出来てるし、内部数値を知った上で打てばより一層チェンクロを楽しめます。

まだまだ書きたいことはあるけれど、記載することが多すぎるのでこのチェンクロページに随時更新して行きます。

チェンクロ最大の見所となる「魔人襲来」についてのお話やその他の項目の更なる細かい詳細なども記載して行きます。

最後にチェンクロにおけるエンディングの発生条件とロングフリーズ発生条件を記載してひとまず終わりとさせて頂きます。

■エンディング発生条件

①ストーリー15のCZ(黒の王ドラゴン形態)を成功させる

②EXTRA WAVE中に累積で2200枚を獲得

上記どちらかの条件を満たすとエンデングが発生。

エンディングは100G消化or2400枚到達で終了します。

■ロングフリーズ発生条件

チェクロのロングフリーズは「義勇軍ボーナス当選時の1/32」で当選します。

確率は約1/154176~約1/51360(設定1~設定6)

恩恵は「SSRチケット4枚」と「虹SSR(フレンド)のストック3つ」となっています。

きっちりエンディングまでの到達が期待できる強力な恩恵を持ったフリーズですが、その分出現確率はかなり重たいです。

■最後に

チェンクロで勝つための近道は・・・絆ガチャCHANCEで手っ取り早くレアリティSSRのキャラを4人集めることです。強力なアビリティ持ちのキャラであれば尚良し。

パーティー4人全てSSRのキャラで埋めることが出来れば有利区間完走期待度は30%に跳ね上がります。

特に初回の絆ガチャCHANCEはパーティーのレアリティが全てR以上に入れ替わるまでガチャが引けるのでレバーの叩きどころとなります。

チェンクロは既に世間的にも導入店舗は少なく、あってもバラエティ島に1台といった状況です。

今後ジパングはチェンクロの聖地として「設置している機種の意味を問う」使い方で打ち手に楽しんで頂けるよう努めて参りますので、3月2日よりチェンクロの運用を開始するジパングを宜しくお願い致します!!

この記事の著者

黄金太郎黄金の国観察人

東京JR中野駅南口徒歩30秒に位置するスロットジパングの観察人を務める黄金太郎です(◎▽◎)/

毎週金曜日19時よりジパング海外プロジェクト動画『The KAIDO-回胴‐外国人にパチスロを広めてみた!』を絶賛配信中です。

YouTubeの黄金太郎チャンネルに登録してもらえると嬉しいです。→https://www.youtube.com/user/slotjipang

毎日深夜0時以降に黄金太郎のつぶやきZ(ブログ)を更新してます。→http://aristo.co.jp/category/new/tubuyaki/

ジパングオリジナルホームページURLはこちらです→http://aristo.co.jp/

この著者の最新の記事

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る