海外にパチスロを広めるための記録#3

The KAIDO‐回胴‐ 海外にパチスロを広めるための記録。とりあえず日本から11,000㎞離れたアメリカノースカロライナ州ウィルミントンへ視察に行ってみよう編#3

【2018年5月9日】

■ウィルミントンについて。

ほのぼのとした非常に良い街だった。ダウンタウンは学生と白人観光客が殆ど。 日本人が驚くほど全くいなく、一人も見てない。治安の心配は無さそう。

■不動産 ダウンタウンの不動産(3件)に行き、賃貸状況と空室情報を聞いてみた。 物件はあるようだが、やはり短期という条件もあって限定されるような感じ。

ただ、映画の撮影が行われている街という事もあってか、海外へパチスロを広めたいというプロジェクトの理解はされており恐らく契約可能な物件はいくつか紹介して頂けそう。メアドを渡したので後日、物件の案内が来る。

  

また、ダウンタウンの中心部を実際に歩き、空室物件を探してみた。やはり、ダウンタウン中心部を拠点にする事が成功への近道のような気がする。街自体が小さいので少し離れると、極端に人が少ない。家賃は高くなるが、東京などに比べれば全然安い。恐らく15万円~20万円になる見込み。

不動産に紹介された部件が良いものがあった。 ただ、あまりにも良い物件(おしゃれ)なエリアの為、近隣店から受け入れられない可能性があるのではないだろうか?もしOKなら、かなり理想の形に近づく感じ。もし全てが上手く行った場合、現地の方はもちろん、世界各地から訪れた観光客にもアピール出来る物件。

■日本からコンタクトを取った加納先生について。

ウィルミントン州立大学の日本語教師で外国人の旦那様、13歳の息子の3人家族。兵庫県出身。年に何回かは日本に帰っている模様。来月、新潟に行くとの事。国が支援する交換留学の会合とかで行くみたいです。凄く気さくな方で話しやすかったです。

1時間くらい大学でお話をし、その後会食に。 自分達の最終的な夢を話した所、興味を持って頂けた。旦那様が後1年で仕事を退職されるらしく、タイミングが合えば現地の協力者になってくれる提案もされた。

旦那様はプロではないが、リフォームの腕があり、過去に4件ほどビジネスとしての実績があるとのこと。ウィルミントンでの企画が始まり住み始めたら間違いなく彼はお邪魔すると思うなんて笑われていました。

週末のホームパーティーに誘われました。お付き合いする価値ある方だと想うので、行ってこようと思っています。

■拠点について。

ダウンタウンにするか、大学付近にするか非常に悩むところです。 大学付近なら、先生の教え子達の交流が見込める。

しかし、それ以外の来店者は厳しいと思います。生徒は72人でそれ以外にも日本のコミュニティサークルなどを紹介出来るが、基本勉強優先ですし、そこまでガッツリこの企画にハマる学生はいないような気がします。

先生曰く、ダウンタウンなら多くの観光客などにアピール出来るかもしれませんが、店内に入店させるまでは大分厳しいのではないかという意見。

また、ダウンタウンまで学生はあまり行かないと思うとのこと(車が無いと行けない距離なので)。

そもそもダウンタウンでは作業途中に観光客などが店に入ってくるハズないので、現地の方とのコミニュケーションもなく、単なる制作動画撮影のみになるだろうとの事。

上記理由から拠点は悩む所ですが、個人的には今の所、ダウンタウンの選択が7割くらいかなとも思います。何故なら、企画終了後も継続出来るビジョンが見えるから。

決められた資金運用が必須の事、想定以上に色々と上手く進んでいる事、次の地域や第2フェーズの足がかりとして、実績が欲しいという事などを考慮するとダウンタウンに軍配が上がるような気もします。

残りの視察でウィルミントン大学付近もチェックしてきます。

海外にパチスロを広めるための記録#4はこちらをクリック。

下記YouTube黄金太郎チャンネルでも動画は公開中です。

この記事の著者

黄金太郎黄金の国観察人

東京JR中野駅南口徒歩30秒に位置するスロットジパングの観察人を務める黄金太郎です(◎▽◎)/

毎週金曜日19時よりジパング海外プロジェクト動画『The KAIDO-回胴‐外国人にパチスロを広めてみた!』を絶賛配信中です。

YouTubeの黄金太郎チャンネルに登録してもらえると嬉しいです。→https://www.youtube.com/user/slotjipang

毎日深夜0時以降に黄金太郎のつぶやきZ(ブログ)を更新してます。→http://aristo.co.jp/category/new/tubuyaki/

ジパングオリジナルホームページURLはこちらです→http://aristo.co.jp/

この著者の最新の記事

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る